surpasscl

Reliability

Operating Environment 地球は広い

「地球は広い。そこで使われる電子機器環境も様々」 私は、赤道直下の国であるシンガポールへ行った事があります。また、北ではロンドンまでは行ったことがあります。でもまだ、砂漠やエベレストの様な高山へも、残念ながら宇宙へも行ったことがあり...
Source of Technologies

Bias:偏見から起きる間違った判断

バイアスは、思い込みと訳され、心理学では多くのバイアスが存在します。 例えば、災害があっても自分は大丈夫だと思い込み避難が遅れたり、異常があってもこの程度なら問題ないと誤って判断する「正常性バイアス」 人と同じでないと、どうし...
Social Needs

Heat Resistance Technology Road Map for Gas Turbine 耐熱材料のRM

「耐熱材料の戦略的技術構築」 ロードマップは技術を戦略的に構築する上で重要です。現時点では未来へのRMとして、資源エネルギー庁の発電効率を縦軸にしたものを紹介します。 figure1. 次世代火力発電に関わる技術ロードマップ ...
Social Needs

Roadmap to Carbon Neutrality:これからの道標

6月に、内閣官房、経済産業省などの組織が集まって、「2050年までのカーボンニュートルに伴うグリーン成長戦略」が出されました。 ①洋上風力・太陽光・地熱産業(次世代再生可能エネルギー)②水素・燃料アンモニア産業 ④原子力産業 ③次世...
Social Needs

Multi-materialization of Automobiles:カーボンニュートラルへの貢献

自動車の軽量化は、燃費削減によりカーボンニュートラルへの貢献となる。燃費削減は、EVでも電気エネルギーが化石燃料で作られている間は、重要項目となる。車体の軽量化には、ハイテン材、アルミニウム、CFRPなどを使ったマルチマテリアル化があます...
Source of Technologies

Machine Learning:機械学習

機械学習はAIの技術のひとつです。ここでは、機械学習、そのアルゴリズムであるニューラルネットワーク、それを活用した機械学習であるディープランニングについて紹介させていただきます。 機械学習 機械学習とは、膨大なデータを学習し、...
Solutions

Aluminum Alloy Materials:「固溶強化」と「析出強化」

鉄道車両向けや自動車向けのアルミニウム合金について説明します。 これらの合金は、JIS規格の番号で、5000系、6000系と7000系があります。 それぞれの材料の特徴と使われ方を見ていきましょう。 熱処理系でMgを添加...
Solutions

Base Treatment under Aluminium Painting:アルミニウムの塗装下地処理

アルミニウム合金は、自動車の車体で多く採用されている事例があり、ここでは塗装前の下地処理が求められています。 下地処理は、主に塗装との密着性向上とアルミニュウムの塗膜下腐食(糸状腐食)などの腐食防止の役割を果たします。 無機の...
Solutions

Alloy Development by Machine Learning:新しい合金の開発スタイル

アルミニウム合金には、マグネシウム、シリコン、亜鉛、銅などの添加元素し、熱処理と組み合わせて使用することで強度を高め、軽量という特徴を活かし、様々な場面で使用されています。この強度特性を持つ合金組成と熱処理などの加工プロセスの組み合わせを...
Social Needs

Base Treatment under Aluminium Painting & Bonding:アルミニウムの塗装と接着下地処理のニーズ

アルミニウムは比重が軽いことで、自動車や鉄道車両の車体や航空機の機体に採用され、輸送機の省エネルギーに貢献します。 アルミニウム合金は、表面の美観と腐食を抑える為に塗装がされる場合があります.。また、更に軽量化を進める目的で、樹脂を...
Translate »
タイトルとURLをコピーしました